TOP


天理養徳院のホームページへようこそ

 天理養徳院は、児童福祉法第41条に定められている「児童養護施設」です。何らかの原因で保護者の方が育てることが困難になった児童(概ね2~18歳)を、安心と信頼をもった生活環境の中で、保護者に代わって養育し、児童の自立を支援するところです。また退所後の支援(アフターケア)を行います。


ごあいさつ

 天理養徳院は、明治43年4月1日、さまざまな事情から保護者と一緒に生活することが難しい子どもたちを受入れ、保護者に代わって、子どもたちの自立を支援することを目的に、天理教養徳院として開設されました。開設に際し、創設者である天理教初代真柱様は、「人の子も我子もおなしこゝろもて おふしたてゝよ このみちの人」と、親心こもる激励のお歌を詠まれ、当院の使命と、その子どもたちの育成に携わる者の心構えを明快にお諭しになりました。また、初代院長である中山たまえ様は、養徳院の子どもたちに、「家庭的な情味を味合わせたい」との親心から、昭和4年、当院の大規模改修をなされ、今日まで続く礎が築かれました。
 さて、当院は本年で開設百十周年の節目を迎えます。時代の変遷とともに、天理教養徳院から天理養徳院に名称も変わり、運営主体も、宗教法人天理教から社会福祉法人天理へと移管されましたが、何時の時代にあっても初代真柱様の基本理念・思召しを、当院での養育・支援の根底に据え、職員一同大切にしております。
 この基本理念を日々実践するための指針として、「朝起き・正直・働き」の三つの基本信条があります。『稿本天理教教祖伝逸話篇』に、「朝、起こされるのと、人を起こすのとでは、大きく徳、不徳に分かれるで。蔭でよく働き、人を褒めるは正直。聞いて行わないのは、その身が嘘になるで。もう少し、もう少しと、働いた上に働くのは、欲ではなく、真実の働きやで」とあります。まずは職員自らがこの教えを実践し、その姿を子どもに映していくこと、そして、根気よく親身になって子どもを育てる努力を続けるところに、次代を担う子どもたちの成人と喜びに繋がるものと思うのであります。
 そして、真柱様は当院百周年記念式典のお言葉の締めくくりに、「開設当初と比べて形が整い、活動の幅が広がっても、“元を尋ね、そこから学ぶことは大切”」という、忘れてはならない角目をお仕込み下されました。天理教社会福祉活動に取り組む我われ職員一同は、開設百十周年を迎える本年も、互い立て合い助け合いの精神をもって、いちれつきょうだいの御教えを実践し、一手一つに子どもたちへの日々の養育・自立支援のために尽力して参る所存であります。


天理養徳院長 久保 悟

NEWS

2020年01月02日
森田記念福祉財団様よりUSJ招待行事
2020年01月01日
たくさんのご寄付(2019年12月)
2020年01月01日
謹賀新年
2019年12月31日
年末のたくさんのご寄付
2019年12月29日
令和はじめのお餅つき大会
» 続きを読む