実施事業

小規模グループケア事業(本体施設)

 手厚いケアを要する児童に対して、より家庭的で小規模なグループによるケアを行うことで、児童の社会的自立を促進します。


地域小規模児童養護施設(分院)

 中高生男子児童を中心に、地域社会の中で小規模な単位での生活体験を行い、併せて必要な訓練を行う事により、社会人として必要な知識・能力を高め、社会自立の促進を図ります。

 

小規模住居型児童養育事業(FH)

 より家庭的な環境での養育を実施する為、地域の中の一戸建て家屋を使用し、里親事業でもあるファミリーホームを、施設型として運営しています。

 

心理療法事業

 心理療法を行う職員を配置し、心的外傷のため心理療法を必要とする児童に、遊戯療法やカウンセリング等の心理療法を実施し、児童の安心感・安全感の再形成及び人間関係の修正等を図ります。


子育て短期支援事業(ショートステイ・トワイライトステイ)

 家庭で児童を養育することが一時的に困難になった場合に、原則として一週間を限度として、当院で児童をお預かりいたします。ご利用については、お住いの市町村に尋ね下さい。


里親支援事業

 平成25年度より、「里親支援専門相談員」を配置し、月に一度の里親サロン(里親情報交換会「おしゃべり広場」)の開催や、里親宅家庭訪問、里親認定前研修施設実習の受け入れ、奈良県里親会行事への参加、施設入所児童の里親委託調整など、里親支援事業を実施しています。また、委託児童を施設内でお預かりする、里親家庭へのレスパイトケアも実施しています。
※里親支援業務については、児童家庭支援センターてんりと連携して実施しています。詳しい内容については、児童家庭支援センターてんりのページをご覧下さい。



権利擁護

 当院は、児童一人ひとりを、権利のある主体として捉え、養育・支援に当たっています。児童はそれぞれに、生きる権利、守られる権利、育つ権利、参加する権利を持っています。児童へ権利について説明すると共に、ルールを守って行動する義務についても、説明しています。

権利ノートの配布

 入所する児童全員に、こども家庭相談センターより「権利ノート」が配布され、児童の権利について説明がなされます。


個人情報及びプライバシー保護について

 入所児童に関する情報は、適切に記録し、大切に保管しています。職員は守秘義務を遵守し、第三者に情報の漏えいがないよう徹底しています。児童が日常使う物品や居室は、児童に合う物を用意し、個人スペースも尊重しています。


ご意見・ご相談窓口の設置

 当院は、ご意見・ご相談窓口及び第三者委員を設置し、利用者(児童・保護者)のご意見・ご相談に適切に対応する体制を整え、養育・支援の質の向上に努めます。詳細は、社会福祉法人 天理 提言の受付をご確認下さい。


意見箱の設置

 意見箱を設置し、児童一人ひとりの意見を大切にします。意見箱に投函された意見は、養徳院長が確認し、適切な対処を行います。


ホームミーティング・児童自治会の開催

 児童と共に生活する職員は、常に児童からの意見・要望等に耳を傾け、定期的に児童・職員交えてのホームミーティングを実施します。
 また、施設全体に関わる案件で、児童からの要望が多数あった場合は、児童自治会を開催し、話し合いの場を設けます。


被措置児童等虐待について

 「被措置児童等虐待」とは、施設や里親へ措置された児童が、施設の職員や里親から体罰や児童の人格を辱めるような行為をされることです。天理養徳院は、「被措置児童等虐待」を決して行いません。



様々な活動

鼓笛活動

 天理教少年会活動の一環、また情操教育の一環として、昭和49年より「鼓笛隊」を結成・活動しています。集団活動での練習を通して、個性を伸ばしながら、コミュニケーション能力の向上を図ることが目的の一つです。
 毎年開催される夏のこどもおぢばがえりや、施設内外で開催される様々なイベントにも、積極的に出演しています。社会福祉法人天理のテーマソング「未来(あした)に向かって」の鼓笛編成曲も練習しています。
 昭和54年8月のこどもおぢばがえり鼓笛オンパレード、及び、立教180年こどもおぢばがえり・鼓笛オンパレード(平成29年7月29日)では、金賞を受賞しています。



サークル活動

 当院は、野球やフットサルなどのサークル活動があります。サークル活動を通して、仲間を思いやる心を育み、礼儀、礼節を学び、心身の鍛練を図ります。野球活動では、これまでに計5回(昭和38年、40年、平成元年、13年、24年)近畿大会で優勝しています。フットサル活動(期間限定)では、夏休みに実施される大会に向けて、小学生児童を対象にフットサルの練習を実施し、毎年近畿大会に出場しています。


児童用遊具の設置

 敷地内外には、児童用の遊具が設置されており、2ホームに1台、TVゲームも用意しています。放課後の余暇時間や、友人を敷地内に呼んだ際の遊びなどに使用しています。


図書室の整備

 図書室を整備し、幼児が読める絵本から、中高生が読める文庫本など、児童の希望を聞き、様々なジャンルを取り揃えています。



学習の支援

 天理養徳院に入所する児童は、年齢に応じた学校教育を受けています。原則として、小中学生は市内の公立学校に編入し、高校生も、基本的には県内の公立校に通っていただいています。また、図書室の整備に加え、計算や漢字などのプリント学習、家庭教師(学習ボランティア)や塾の活用、当院を会場にしての漢字検定などに取り組んでいます。


地域との連携

 地域の子ども会活動への参加や、各種ボランティアの受入(絵本の読み聞かせ、散髪等)、各種団体との交流(JCIやNPO法人)なども、適宜行っています。毎年秋には、日頃お世話になっている方々を敷地内に招き入れて、模擬店やステージでおもてなしするイベント「ふれあい広場」を開催しています。



第三者評価について

 「社会的養護の課題と将来像(平成23年7月)」に基づき、社会的養護の施設については、その運営の質の向上を図るため、施設種別ごとの運営指針を定めるとともに、第三者評価及び自己評価の実施を義務づけられ、平成24年度から実施されることとなりました。
 当院もこれに基づき、第三者評価を受審しております。受審結果については、全国社会福祉協議会ホームページをご覧ください。